メンタルを鍛える為にすべきたった一つのこと -ポジティブ思考の作り方-

  • 3月 29, 2020
  • 3月 29, 2020
  • Life
  • 124view

日本人は悪いものに目が行きがち!

外国人と話していて、「この人ポジティブだなぁ」と感じたことはありませんか?

私も、イッテQのQtubeを見ていて、ロッチ中村を振り回す外国人の奇想天外な行動を見て、「どうしてこんなに楽観的なんだろう?」と何度思ったことか(あれはかなり特殊な人をあえて選んでいるというのもあるんでしょう笑)

ともかく、多くの日本人はそう感じたことがあるでしょう。これは、外国人に陽気な人が多いというのもありますが、実のところは日本人は物事の悪い点に目が行きがちなだけなのです。

要は、日本人は物事の悪い面が印象に強く残りやすく、そこから暗い気持ちが芽生えやすいのです。対して、外国の人(一括りにすると語弊がありますが…)は物事の良い面が印象に残る性分なため、ポジティブな思考が生まれやすいのです。

ぱっと聞いてもイメージがしづらいと思います。そこで、一つあなたに質問をさせて下さい。

  

今日、良いことありましたか?

つい最近この質問をされた時、私は無意識に「う~ん、残業だったし、仕事もうまくいってないし特にないなぁ。」と、そんな風に答えていました。

あなたはどうですが?ぱっと思い浮かびますか?

ここで簡単に良いことを挙げられたあなた、才能有りです。とてもポジティブで前向きな方なのでしょう。

しかし、大半の人は私と似たような回答になるのではないでしょうか。というのも、日本人は「宝くじが当たった!」とか、「芸能人と握手できた!」とか、すごく良いことでもない限り印象に残りにくいのです。

これが、先ほど話した日本人は物事の悪い面が印象に強く残りやすい、ということですね。裏返すと、日本人の良いことのハードルはとても高いんです。

これが日本人のメンタルが弱い原因の一つと言えるでしょう。悪いことばかり考えてしまい心を病んでいってしまうんですね。

実際、世界幸福度ランキングを見てみると、日本は2017年は51位、2018年は54位、2019年は58位と、先進国の中ではぶっちぎりに低い結果になっています。

減点方式から加点方式へ

それでは、そんな日本人が少しでもポジティブになるにはどうすればよいのでしょうか?

答えは簡単で、減点方式をやめ、加点方式に切り替えることです。
 

減点方式とは、悪いことを考えて「今日はこんな嫌なこととあんな悪いことがあったからマイナスして60点の日だったな…。」という考え方。

それに対して、加点方式とは、「今日はあんな楽しいことと、あの面白いことがあったから合わせて70点の日だったな!」という考え方です。

これだけで点数以上に大きな差があるのは一目瞭然ですよね。たとえ同じ点数であったとしても、加点方式で考えた場合の方が一日の満足度は圧倒的に高いものに感じるでしょう。

この加点方式で物事を捉えられるようになるだけで、毎日の感じ方は大きく変わります。この加点方式型の思考法を日本人も取り込むべきなのです

とはいえ、いきなりやれと言われても難しいですよね。そこで、外国人はどんな風に加点方式を行っているのかもう少し詳しく見ていきましょう。

小さな良いことを捉える

一度先ほどの質問に立ち戻ってみましょう。

「あなたは今日一日良いことありましたか?」

こう聞かれた時、陽気な外国人の人はこう答えるのです。

「今日は朝から電車に座れたんだよ!すごくラッキーだった!」

「超ハッピーなことがあったよ!昼寝したら好きな子が夢に出てきたんだ!」

私の回答とは全く違いますよね。そう、彼らは「些細な良いこと」をさも宝くじが当たったかのように話すのです。

これこそが、彼らが明るく陽気な理由です。どんな小さなことでも良いこととしっかりと感じられるからこそ、気持ちがまっすぐ前を向いているんですね

私たちが見習うべきは、この「些細な良いこと」をしっかりと意識して見つけてあげることなのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

読んでいていくつか思い当たる節があった人は、是非明日からでも加点方式を試してみて下さい。

より効率的な方法として、日記をつけるというのも良いでしょう。

一日の終わりに、どんな些細な事でも良いことを書き残すんです。続けていれば、自然と小さな良いことをどんどん見つけられるようになるでしょう。

良いことを100個見つけられたらご褒美にデザート!なんてのも良いかもしれませんね。

きっと、毎日が輝き始めますよ。

それでは、今日はこのあたりで!

まとめ

・悪いことではなく良いことを意識する
・減点方式から加点方式へ
・些細なことも良いこととして考える
 

最新情報をチェックしよう!
>TanagoClub

TanagoClub

人生をより楽しく!をモットーに情報発信していきます。訪問してくれた人が「見てよかった」と思える記事を制作していきますので、是非見ていって下さい。