超簡単!Androidアプリの作り方!~ノベルゲーム編~

  • 10月 28, 2019
  • 2月 11, 2020
  • Life
  • 1239view

みなさんこんにちは!

今日は誰でも簡単にできるスマホアプリ(Android用)の制作方法を解説していきます!

今回は、文字、画像、音楽で構成される比較的シンプルなノベルゲームのアプリ製作を行いましょう!

プログラミングをはじめとした細かい知識は不要!記事の内容の通りに進めるだけで誰でも簡単にノベルゲームアプリを作れます!

(ノベルゲームって何?という方は、https://novelgame.jp/ からいくつかプレイしてみて下さい!)

登場人物を友人や家族にして物語を作れば素敵なプレゼントにもなりますね!

あるいは、「大傑作ができた!」という人は実際に先ほどの紹介したサイト『ノベルゲームコレクション』に公開したり、Google Play Storeで配布してみるのもいいかもしれません!

何かを創って、それが動く楽しみを実際に味わってみて下さい!

 

まずはゲームを作る!

 
アプリを作ると言っても、内容となるゲームがなければどうしようもないですね!

そこで使うのがこの、
ティラノビルダーです!
 

ティラノビルダー

 
ティラノビルダーを使うことで、誰でも簡単にノベルゲームを作ることができます。このティラノビルダーをダウンロードし、ゲームを作っていくわけですね。

ダウンロードは無料なので、ホームページにアクセスして行ってください。

また、制作の時の操作方法はこちらで解説するよりもティラノビルダーのホームページにある解説が一番わかりやすいので、 https://b.tyrano.jp/tutorial/ を参考にしてオリジナルのゲームを作ってみて下さい!

 
とはいえ、ノベルゲームが簡単に作れると言ってもいくつか面倒な作業があります。

それが、素材の用意です。
ノベルゲームには、『背景画像』『登場人物画像』『音楽(音声)』が必要になります。

背景画像https://o-dan.net/ja/ を使用すると簡単に見つかるでしょう。
 

画像検索

 
このサイトで出てくるのは全てフリー画像です。商用に使うも問題なし、著作権等も関係ありません。要は、このサイトの画像は自由に使用して問題ありませないということです。

 
次に人物画像ですね。
こちらについてはいくつかオススメのサービスがあります。

まず紹介するのは『実在の人物を登場人物』にする方法。

この方法は肖像権等関わってくるので、ネット上での配布は考えない遊び程度のアプリ作成の場合にのみ利用してみて下さい。

方法自体はとてもシンプルで、ゲームに登場させたい人が写った写真を用意し、その背景を切り抜くだけです。

その時に便利なのが https://www.remove.bg/upload というサイトです。画像をドラッグ&ドロップするだけで簡単に背景の切り落としを行ってくれます。

また、「実写画像を使用するのはちょっと…」という人は、写真をイラスト風に加工するのもいいでしょう!
 

Comica

 
例えばこのComicaであったり、他にもPCで加工する場合はGIMPを使用するのもいいでしょう。

 
2つ目の方法は、フリーのキャラ作成サービスを利用すること。

オススメは2つあって、1つ目がCHARATです。

CHARAT

CHARATでは様々なタイプのキャラを作成することができます。もちろん、作成したキャラはフリー素材として自由に使用できます。

 
次に紹介するのが、きゃらふとです。

こちらも、作成したキャラクターはフリーとして使用できます。

CHARATよりも頭身がリアルよりなもの、萌え絵に近いキャラを使用したいという場合はきゃらふとが利用しやすいと思います。

 
さて、2つ紹介しましたが、オススメとはいえ無料のサービスということを忘れてはなりません。キャラの表情やポーズを変えたいという細かい要望にどこまで答えられるかは限界があります(一応、PSD-Toolを使用する手もありますが大変…)。

そういった場合は、ココナラなどのサービスを利用し、絵が得意な人に自分が思い描く絵を実際に描いてもらうというのも手でしょう。

  

最後に音楽について。

BGMはゲームに必要不可欠な要素と言えるでしょう。BGM一つで作品の雰囲気は大きく変わります。

音楽は、DOVA-SYNDROMEが最も使用しやすいサービスでしょう。
 

DOVA


全てフリーのBGMで、かなりの種類の音楽がそろっています。Youtuberがこのサイトの音楽を使用していることも多く、聞いたことがあるものも多いと思います。

  
これらを利用すれば、ノベルゲーム自体は直感的な操作で作成できると思います。

そして、ティラノビルダーの書き出し機能を使用し、Androidアプリ形式で作成したゲームを出力しましょう!(この出力の方法もティラノビルダーHPの操作方法のページに書いてあります。)

さて、ゲームは完成しても、これだけではまだスマホで遊ぶことはできません。

ここから作ったゲームをアプリ形式にし、実際にスマホにインストールしていきましょう!

  

アプリを作る環境を整える!

 
さて、内容が完成したらそれをアプリとして体裁を整える必要があるのですが、そのためにも下準備が必要です。

下準備として行うことは2つあります。

1つ目がティラノビルダーで作成したデータをアプリに変換する準備。2つ目がPCでアプリを作る準備です。
   

1.アプリに変換するための下準備

まずはティラノビルダーで作ったゲームをアプリに変換するための下準備を行いましょう。やることは至って簡単です。

まずティラノビルダー公式が公開しているこちらのファイルをダウンロードします。

http://tyrano.jp/download/player/TyranoPlayerFramework_android_v112.zip

ダウンロードしたファイルを展開すると、以下のようなファイルが格納されています。

  
TyranoPlayerFramework_android_v112ファイルを開きます。次は下のようなファイルが格納されています。
  

  
ここにあるmainフォルダが重要なので覚えておいてください。

さて、次はあなたが創ったゲームデータを引っ張りだしてきます。

tyranobuilder_v184c_win_ja_std(ティラノビルダーを公式からダウンロードしたフォルダ)のフォルダを開き、その中にあるmyprojectを開きます。すると、その中にあなたが創ったゲーム名のフォルダがあると思います。
   

  
中身はこんな感じ!ここにあるものを全てコピーしてください。

コピーしたものを、先ほど重要と言ったmainフォルダの中に全て貼り付けて下さい。

これでアプリに変換するための準備は完了です。ちなみにここで完成したmainフォルダはあとで使用するのでどこに保存したかを覚えておいてください!

 

2.アプリを作るための下準備

そのために必要となるのが、Android Studio です。

Android Studioとは、Googleが公式に配布しているアプリ制作ツールです。今回は下のリンクからVer2.3.3をダウンロードしましょう。

Android Studio download archives  |  Android Developers

古いVerをダウンロードするのは、ティラノビルダーとの相性です。Ver3以上もあるのですが、その場合はエラーが多発するため、Ver2.3.3をダウンロードしてください。

あとは流れに沿ってインストールするのですが、注意があります。

それは、あなたのユーザー名です。

スタートメニューから設定を開き、アカウントを開いてください。すると、下の画像の画面が開くと思います。

ここで、水色で塗りつぶしている部分にあなたのユーザー名が表示されているはずです。ここのユーザー名が『日本語』で記載されている場合は、アウトです。

非常に面倒ですが、もう一つ別のアカウントを『英語』のユーザー名で作ってください。

というのも、Android Studioは日本人向けに作成されたツールではありません。英語での使用を想定したものであり、日本語は正常に読み込んでくれないのです。

英語名でアカウントを作ったら、そのアカウントでPCにログインし直してください。後は下のリンク先サイトを参考にインストールを進めて下さい。細かい手順が載っていますので、上述した注意点に気を付ければ問題なくインストールできるはずです。

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1709/04/news015.html

インストールが無事にできたら下準備は完了!あとは実際にティラノビルダーで作ったゲームをアプリに変換し、スマホに入れてしまいましょう!

あと一歩です!

  

アプリを実際に作成する!

 
それでは、実際にアプリの制作に入ります!まずはAndroid Studioを立ち上げましょう。すると下の画像のような画面になるはずですのです。ここから、『Start a new Android Studio project』を選択します。
 

 
次に表示されるのは以下の画面です。ここではあなたのプロジェクトの名前を決めます。と言っても、ここで決めた名前がアプリ名になるといったことはないのでテキトーでいいです。

※ここでエラーが出て先に進めない人、画面下部分のProject locationの欄に日本語が入っていたりしませんか?その時点でここから先エラー頻発間違いなしな為、 【2.アプリを作るための下準備】に書いたことを再度読んで アカウント作り直し+インストールからやり直しです。
 

 
次はこんな画面。ここでは、私と同じ画面になるよう設定を変えて下さい。API19って何のこっちゃ?って思うかもしれませんが、今回はスルーして下さい。

ちなみに、アプリをGoogle Play Storeで配布するためにはこの設定ではできません。本格的に配布を行いたい方は別のサイトを参照してみて下さい。今回はあくまで個人で楽しむアプリを簡単に作る方法なのでそのあたりは省略します!
 

 
どんどんいきましょう!お次は下の画面。ここは何も考えずそのまま進みましょう。(一応、Empty Activityが間違いなく選択されていることは確認してください。)
 

 
ここもそのままです!むしろ変に変更を行うとエラーの原因!
 

 
ついにアプリ作成っぽい画面が開きましたね!さて、ここからが本番です!

 
と言っても、そう難しいことはしません。画面左のウィンドウに、appやjavaなどの文字が見えますよね。

そこのどのフォルダでもいいので、カーソルを合わせて右クリックをしてください。するといくつか項目が表示されると思うのですが、その中から【Show in Explorer】を選択して下さい!

すると、下のようなウィンドウが開くと思います。
 

 
と言っても、最初からこの状態ではないと思います。ウィンドウ上部に【app>src】というのが見えますよね。これは、appフォルダの中のにあるrcフォルダの中身を今開いているよ、という意味です。

ということで、appフォルダかsrcフォルダを探し、私と同じ画面の状態になるようにしてください!ここまでくればあと一息です!

さて、ここで思い出してほしいのが、【1.アプリに変換するための下準備 】で作成したmainフォルダ!

そう、お手製のmainフォルダの中身を、このsrc内にあるmainフォルダの中に全て貼り付けて下さい!(mainフォルダそのものを置き換えてしまっても大丈夫です!)

そしてそのウィンドウを閉じると、Android Studioの左画面が下の画像のようになると思います。
  

 
あとはアプリの作成!画面上部に、Buildという文字があるので探してクリック!すると、 【Build apk】という項目があるのでそこをクリックしてください。

なんと、これだけであとは勝手にアプリを作ってくれるんです!!

……とは簡単にはいかないのが人生です。以下のようなエラーが出ると思います。
 

 
そろそろうんざりですよね…。でも本当にもう少しなので頑張ってください!

このエラー自体は簡単に解決できます!まず、画面下のエラー:パッケージうんらとか書いてある部分をクリックしたりすると、画面中央に下の画像のような電球マークが出現すると思います。出てこない人はテキトーにいじって出してみてください。(真ん中のメインウィンドウ内11行目にある電球です!)
 

 
この電球が出てきたら、電球にカーソルを合わせてクリックします。すると、いつもの通りいくつか項目が出てくるので、【Import class】をクリックします。

これでエラー対処完了です!あとはさっきのようにBuildからBuild apkをクリックしましょう!
 

 
はい、アプリ完成です!画面下部のポップアップ内にある【Show in Explorer】をクリックすると、自動的に完成したアプリが保存してある場所に飛んでくれるのでわかりやすい場所に移動させましょう!
 

 
バッチリできてますね!これでアプリ完成!あとはスマホに入れるだけです!

 

スマホで作ったアプリを遊ぶ!

 
さて、これでゲームをアプリ形式にすることができました。あとはスマホに入れれば完成です!

ここで、スマホに入れる方法は2つ存在します。1つ目がGoogle Play Storeにアプリを登録し、そこからダウンロードする方法。2つ目が直接スマホにアプリをインストールする方法です。

Google Play Storeを使用する方法は時間と手間とお金がかかるため、今回は省略します。今回はまず自分のスマホで遊ぶこと考え、直接スマホにインストールする方法を紹介します。

といっても、方法は簡単。作ったアプリをネット上にアップロードし、それをスマホでダウンロードするだけです!

最も簡単な方法は、Google Driveを活用することでしょう。 Googleアカウントを持っていれば無料で誰でも使用することができるのがオススメです。

Googleアカウントはお持ちでしょうか?なければササッと作りましょう!登録も非常に簡単です!(『gmail 新規作成 』 と検索し、gmailを作ればGoogleアカウントの作成が簡単にできます。)

アカウントを作成したら、Googleの検索ページを開き、右上のメニューボタンを開き、その中のドライブをクリックしましょう。
 

  
そうするとGoogleドライブが開きますので、その画面にある『新規』ボタンをクリックし、ファイルのアップロードをクリックして作成したアプリをアップロードします。

作ったアプリはさっきわかりやすい場所に保存してありますよね?それを選択してください。

あとはスマホから同じGoogleアカウントでGoogleドライブにアクセスし、アップロードしたアプリをクリックするとインストールが始まります。スマホのホーム画面に作成したアプリがインストールされていることを確認したらレッツプレイ

お疲れ様でした!
  

自分が創ったアプリが自分のスマホ上で動くと嬉しいものですよね!今回は簡単なノベルゲームの作成でしたが、例えばUnityというソフトを使用すればより高度なアプリを作成することもできます。

有名なスマホゲームで言えば、白猫プロジェクトなんかもUnityで作られたアプリです。

Unityは誰でも無料で使用することのできるソフトなので、今回のアプリ作成をきっかけにもっとアプリを作りたい、よりレベルの高いアプリに挑戦してみたいと思った人は是非検索してチャレンジしてみて下さい!

Unityの使用はプログラミングも必要になりますので難易度もあがりますが、完成するアプリのクオリティもかなり高いものになります。

  

まぁ、Unityの話はさておきです。

今回のゲーム作りを通して、アプリ作りって楽しいなと感じたら、是非ノベルゲーム以外のゲーム作成にも挑戦してみて下さい!ノベルゲーム作りやストーリー作りが楽しいと感じたら、2作目、3作目にも挑戦してみましょう!

あなたが大ヒットアプリを作る日がくるかも…!?

それでは、今回はここまで!

  

最新情報をチェックしよう!
>TanagoClub

TanagoClub

人生をより楽しく!をモットーに情報発信していきます。訪問してくれた人が「見てよかった」と思える記事を制作していきますので、是非見ていって下さい。