アレがスポーツに!?斬新すぎる新スポーツ!広がれば社会が変わるかも!

スポンサーリンク

スポーツの世界は広がっている!

みなさんこんにちは!
今日も変わらずゆるく生きたいたなごです。

さて、みなさんは『スポーツ』と聞くと何を思い浮かべますか?
サッカーや野球、陸上に剣道などなど、スポーツはたくさんありますよね。

スポーツと言えば、先ほど挙げたサッカーや野球、他にもバスケや卓球など、すでに世界中で一定以上のプレイ人口がいるものを指す言葉のように思われがちです。

しかし、近年になって、新しいスポーツを作っていこうという動きが活発化しつつあるのです。

例えば、世界ゆるスポーツ協会というものが存在し、2015年より活動を行っています。
この世界ゆるスポーツ協会では、 誰もが能力の差に関わらず楽しめる【ゆるスポーツ】という新しいスポーツ種目を創作し、みんなで楽しむという活動を行っています。

ゆるスポーツの中には、今すでに存在しているスポーツに新しいルールを加えたものから、まったく新しいスポーツまで、様々なものが存在します。
そして、その全てに、運動が苦手な人も、得意な人も、子供も大人も、誰もが平等に楽しめるという共通点があるのです!
素敵ですね!

最近私は、そんな【ゆるスポーツ】について紹介する記事をいくつか書いています。
ゆるスポーツをより詳細に説明した記事もありますので、ぜひご覧になってみて下さい。

今回も、そんなゆるスポーツに負けず劣らず、誰もが楽しめる新スポーツを紹介しようと思います!

スポンサーリンク

ゴミ拾いがスポーツに!
その名も【スポGOMI】!

もったいぶってもしょうがありません!
さっそく今回の新スポーツを紹介していきましょう!

今回紹介するのは、なんとゴミ拾いをスポーツにしてしまうという斬新すぎる発想によって生まれたスポーツ!その名も、

【スポGOMI】

https://www.spogomi.or.jp/message/ より

これは、ソーシャルスポーツイニシアチブ(元・日本ゴミ拾い連盟)という団体が考案・主催する新スポーツで、先ほども述べたように、ゴミ拾いに競技性を加えたものです。

競技内容としては簡単で、3~5人でチームを組み、制限時間内に拾ったゴミの質・量によって得られるポイントの高さを競い合うというものです。

他にも、街中が競技エリアの場合は走るのを禁止、ゴミの分別を厳守する、といったユニークなルールも存在しています。

ちなみに、ゴミの質や量でポイントが決まる、という点が気になったため少し調べてみると、

これは一例ですが、
たばこの吸殻:200g→『200g×1 ポイント=200 ポイント』
空き缶:500g→『500g×0.5 ポイント=250 ポイント』
紙くず:800g→『800g×0.5 ポイント=400 ポイント』
といった感じになるそうです。タバコの吸い殻ポイント高いな…。

スポGOMIはすでに10年以上活動があり(もう「新」スポーツとは言えない…?)、 現在では様々な自治体でスポGOMIの活動は行われています。

少し古い情報になってしまいますが、2014年時点ですでに350以上の大会が開催され、競技に参加した人数は3万人以上にのぼるそうです。
2019年現在では、更に高い実績を持っているのは間違いありません。

ニュースにも取り上げられており、注目度は非常に高いと言えるでしょう。

その普及はすさまじく、2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の提供でスポGOMIの大会が開催されるそうです!

今後、更に認知度が広がっていくことが予想されますね!

スポンサーリンク

スポGOMIの可能性は無限大!

スポGOMIのような、一種の社会貢献的側面を持ち、かつ参加者を楽しませようという取り組みはとても素晴らしく、大きな将来性・可能性を秘めています。

会社のCSR(企業は社会的に対して責任を持ち、貢献しなければならないという考え方)に基づく活動に採用されることもあるでしょう。
会社内でも、ボランティアは強制しづらいという事情があるでしょうし、優勝チームに景品を出す!となれば参加者を募りやすくなって会社とってもプラスになりそうですね。

そうした社会貢献が会社をさらに有名にするきっかけになることもあるでしょう。
企業にとってはWin-Winな活動となるかもしれません。

また、地域レベルで、男女の出会いの場(=街コン)のような形の開催となれば、1人からでも参加できるようになり、より積極的な参加を望めるんじゃないかなーなんて私は思いました。
ゴミを拾うという姿は、男性にとっても女性にとっても異性からポジティブな印象を得られそうですよね!

そもそも、ゴミ拾いに対して勝手に情熱や興味を持ってくれる人というのは少ないと思います。特に若者ではその傾向が顕著でしょう。

そこに、競技性や景品というインセンティブを与えて、まずはやってみてもらう、というのはとても賢いやり方ではないでしょうか。

スポGOMIはゆるスポーツではないですが、いずれは世界ゆるスポーツ協会と提携して新しいスポーツの形を作ってくれるんじゃないかな~とひそかに妄想してたりもします。

誰もが楽しめるゆるスポーツという考え方に加えて、スポGOMIような社会的な貢献も兼ね備えた新しいスポーツがこれからも増えていくと面白そうですよね!

このような新しい考え方が、他の人を巻き込んでいき、様々な人や自治体に新しい発見があるといいな~と思う今日この頃です。

これからも新しく面白い、そしてゆる~いものを紹介していこうと思います!

それでは、今日は以上!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>TanagoClub

TanagoClub

あなたの心に新しい価値観を。価値観が変われば視野が広がる。視野が広がれば考え方が変わる。考え方が変われば人生が変わる。