話のネタになること間違いなし!スリル満点な趣味4選!

  • 9月 29, 2019
  • 2月 11, 2020
  • Life
  • 740view

みなさんこんにちは!

皆さんには趣味ってありますか?

仕事で会った人、クラス替えで同じクラスになった同級生、合コンで知り合った異性など、まだ関係の浅い人との会話では【趣味】の話は必ず出てきますよね。

今回は、そんな趣味の話になった時に興味を持たれる間違いなしな、一風変わったスリリングなアクティビティをご紹介しましょう!

お金がかかったり、そう頻繁にやるのは難しいかもしれませんが、経験があるだけでも話のネタにはなりますよね。

すごっ!?そんなことしてるの!?」と食いついてもらえること間違いなしですよ!

1. スカイダイビング

  

スカイダイビング

  

まず最初に紹介するのはスカイダイビングです!

上空数千メートルと言う高さから飛び降りる経験は、決して忘れることができない思い出になります。雲を目掛けて空に飛び込み、視界が開けたその瞬間、あなたはスカイダイビングの虜になること間違いありません。

それに、スカイダイビングは飛行機で上空に上がっていく時間も楽しみの一つです。多くの場合、飛行機の側面はがら空きの状態になっているため、地上がドンドン離れていく様子をじっくり楽しむことができるんです。

こうしたスカイダイビング経験者にしか話せないこと、知れないこともたくさんあって、ぜひ趣味とまではいかなくとも一度は飛んでみて下さい!

また、スカイダイビングはライセンスを取れば一人で飛ぶこともできるようになります!

ちなみにと言っては何ですが、スカイダイビングの料金は決して安くはなく(2万円~)、場所も限られているため、経験したことがある人はそう多くはいないでしょう。

そういったことも相まって「私、スカイダイビングのライセンス持ってます!」なんて話したらウケること間違いなしですね!

   

2. バンジージャンプ

  

バンジージャンプ

  

続いて紹介するのはバンジージャンプです!

こちらもスカイダイビング同様、経験した人が少なく、一度やればハマること間違いなしの趣味と言えます!

日常生活では絶対に味わうことのできない数十メートルと言うジャンプを楽しめます。バンジージャンプをできる場所は自然が豊かなところが多く、少し余裕を持てるようになれば絶景を楽しむこともできて一石二鳥ですね!

飛ぶ場所によっては、水面にタッチできるところ、足を固定されないので自由なポーズで飛び降りれるところ、他の場所の2倍以上の高さを飛べるところなど、様々な特徴があって、一か所飛べば終わりだなんて言わせません!

ちなみに、私のオススメは後ろ向きに飛び降りること!飛ぶ直前は前向きに飛ぶ数百倍の怖いですよ笑

現在日本では北関東から九州までの数か所で楽しむことができ、帰り道にみんなで地方の名産品を食べたり観光名所に行ったり温泉を堪能したり、というのもまた楽しむことができます。1回で2度も3度も楽しめる上に話のネタにもなるバンジージャンプ、お勧めしない理由がありませんね!

面白いのは、バンジージャンプは同じ場所で飛ぶ場合に2回目以降は値段がかなり下がることです。

例えば、日本一高い茨城県の竜神大吊橋でバンジーをする場合、一回16,000円程度かかります。しかし、二回目以降はなんと6,000円で飛ぶことができるようになります!(理由としては、初回は保険加入料金がかかる、ということらしいです。)

また、少し追加料金を払えば綺麗な写真や動画もつけてもらえます。それを見せながらのバンジー話は絶叫交じりに盛り上がること間違いなし!

バンジージャンプについては更に詳しく書いた体験談の記事がありますので、コチラも是非読んでみて下さい!

   

3.ブッシュクラフト

  

ブッシュクラフト
キャンプ

 

続いて紹介するのはブッシュクラフトです!

ブッシュクラフトって何?」って人は多いと思いますが、簡単に言えば、ハードなキャンプです!

キャンプでは、調理器具を持って行き料理をして、テントを組み立ててその中で寝ますよね。

しかし、ブッシュキャンプではナイフなどの最低限の道具のみを持ち込み、足りないものは知恵や技術で補う必要があるんです!まさに『サバイバル』と言える趣味でしょう。

もちろん、座りたいと思ったらイスを作る必要がありますし、寝るときに屋根が欲しいなら自分で葉やシートを紐で吊るすなどして作る必要があります。

かなりハードな趣味になりますが、まさに【生命力】を磨くことのできる素敵な趣味ですね。生命力に溢れた男性を素敵と感じるという女性は多く、人間としてだけではなく、男を磨くことにもつながると言えます。

一見敵に見えてしまう自然を、ナイフやロープを駆使して自分たちの生きる糧にしていく姿は魅力的に見えること間違いなしです!

もちろん、これだけだとストイックすぎる趣味ですが、仲間と美味しい食材を持ち込み、和気あいあいと楽しむことも忘れないように!

   

4. ウェークボード

  

  

水上スキーとも言われるウェークボードも紹介しないわけにはいかないでしょう。

サーフィンで使うようなボードに乗った状態で、ボートに引っ張ってもらうこのアクティビティはそう簡単にはできるようになりません。

バランス感覚がものをいうこのアクティビティは、センスにものを言わすか経験を積むことでしかその楽しみを見つけることができないでしょう。

しかし、一度乗りこなせるようになれば文字通り世界が変わります!

自由自在に水面を動き回る快感は、きっとあなたの心に感動をもたらしてくれるでしょう!

水面を滑走する感覚、一回転ジャンプを決めた爽快感、失敗してもなお感じる爽快観など、経験した人にしか想像もつかないような話は、聞く人の心をつかむこと間違いありません!

何より、マリンスポーツができる人は男女問わずカッコイイ

 

おわりに

いかがでしたでしょう?

今回は数も少ない分、一つ一つが確実に面白く、オススメなものを紹介させていただきました。

普段はゴロゴロが好きだけど、たまには何かしたいなって人、日常が退屈に思えるな~という人は是非趣味にしてみて下さい!

人生が輝き始めるきっかけになるかもしれませんよ?

それでは、今日はこのあたりで!

最新情報をチェックしよう!
>TanagoClub

TanagoClub

人生をより楽しく!をモットーに情報発信していきます。訪問してくれた人が「見てよかった」と思える記事を制作していきますので、是非見ていって下さい。