ゆるく勝てる恋活必勝法!恋人が欲しければ街コンには行くな!

  • 4月 30, 2019
  • 1月 6, 2020
  • Life
  • 651view

時代はまさに恋愛氷河期!?

こんにちは!
今日は珍しく恋愛をテーマに記事を書いていこうと思います。

突然ですが、みなさんは恋愛してますか?
最近では若者の恋愛離れなんてよく言われていますよね。
時間やお金がもったいない、なんてのが理由の一部のようです。

金!酒!女!なバブル時代からは考えられないような時代になりました。

というより、時代の変化につれて若者の価値観が大きく変わっていっていると言えるでしょう。

お金に関しても、近年ではお金は欲しいけれど会社での出世欲はそんなにない、という若者が増えているそうです。
また、お酒に関しても飲まない若者が増えています。
アルハラという言葉が出現したのも最近ですね。

極めつけは結婚!
現在の生涯未婚率は男性が23.37%、女性は14.06%と、1990年以前では3%あたりだったことを考えると非常に高くなっています。
(まぁ、結婚に関しては就職氷河期の世代等の影響が大きいでしょうが…)

とまぁ、いろいろ話しましたが、現代の若者は考え、時代の変化に敏感になっているということがうかがえますね。
過去の習慣に対し、考え、違うと感じたことを素直に表現した結果が日本の現状に反映されているのです。

とはいえ、人間だって生き物です。

当然人間が共通して持つ欲求や本能が存在し、その中でも異性に対する気持ちは世代や国を超えて共通でしょう。(今回は同性愛に関してはノータッチです)

恋愛離れが進んでいるとはいえ、やはり恋愛がしたい!!という思いはそう簡単に人から消えるものではありません。

でも恋愛はしたい!
そんな人たちに街コンが大流行中!

そんな恋愛氷河期において、出会いの場は着実に少なくなっています。

多くの人々が恋愛にガツガツしていた頃は、合コンやお見合い、紹介など、出会いのきっかけはたくさんありました。
しかし、今ではそのようなイベント自体が少なくなっているそうです。

そこで生まれたのが、街コンです。

男女が出会いの場を求めて参加するこの街コンは、今では全国各地で365日毎日開かれるほどに普及しました。

バリエーションも幅広く、数百人規模の立食形式パーティや、少人数での1対1形式、他にも趣味に特化したものから散歩街コンなど、どなたでも興味を持てるものが一つはあるんじゃないでしょうか。

男性は3000~8000円、女性は1000~3000円ほどで参加できるものが多いです。

参加する人も様々で、切実に出会いを求めている人、友人が欲しい人、社会経験程度に考えている人、中には営業目的で参加するホストもいるそうです。

実際に街コンで恋人を見つける人もいますし、街コンで出会った人と合コンを開くなんてこともあるそうです。

これだけ聞くと、金額面で男性の負担が大きいように感じますね。
ですが、今はサクラなんてほとんどいませんし、悪い出費ではないのではないかと思います。

しかし、街コンに来る人はなかなか出会いがないことに加え、恋愛の経験自体少ない、という人も少なくないのではないでしょうか。
そうなると、参加回数も多くなっていき、最終的な出費が……なんてこともあり得るでしょう。

このように、実は街コンにはいくつか落とし穴があるんです。

気をつけろ!街コンの落とし穴!

街コンに存在する落とし穴を順に紹介していきましょう。

1.ライバルが多すぎる!

一つ目の落とし穴はライバルの多さ

一回の街コン参加人数は多い時で数百人に上ります。
そうでなくとも、数十人が参加する街コンも少なくないです。

そうなると、同性も10~100人という数が参加することになります。
そう、ライバルがとても多いんです。

その中には当然顔が良い人や面白い人、性格が素敵な人などなど、異性から見て魅力的な人もたくさんいるでしょう。

そうした人達と競り合い、異性にいい印象を持ってもらえなければ、連絡先は交換しても返事が全く来ない、なんてことも少なくありません。

勝ち組と負け組の差が極端なこと、これが第一の落とし穴です。

2.恋愛弱者に厳しい設計

第2の落とし穴がこれです。街コンの現在の仕組みが恋愛弱者に厳しい!

街コンは大まかに2種類に分かれます。

①立食形式での自由に話しかけるタイプ
②着席形式で相手が順に入れ替わるタイプ

①に関しては、男性は特に自分から話しかける必要性が高いです。
その上で盛り上げて、連絡先を交換して、後日遊びに行こう!という流れをすべて自分で行う必要があります。
また、例え連絡先交換はできても、返事は相当良い印象を相手に与えていないと返ってきません。

パーティ形式なため、引っ込み思案な人や内気な人には少しハードルが高いです。
女性であれば、積極的に声掛けをしてもらえるかもしれませんが、三つ目の落とし穴が待っています。

続いて、②の着席形式ですが、こちらは人数が少なめで、開催者によって進行が細かく決まっていることが多いです。

例えば、
全員と一通り話した後に第一印象カードなるものを書き、その後もう一周全員と話す。その後に気に入った人を3人選んで紙に書き、司会者に渡す。もし相手も気に入った相手として書いてくれていたらカップル成立!
という流れの街コンがけっこうあるんです。

しかし、このタイプは特に勝ち組と負け組の差が歴然となります。
異性受けのいい人に票が集まりやすくなるに決まってますよね。

また、司会者によるマッチがメインであり、そこで漏れればなかなかその後に人に話しかけたりはしづらい雰囲気も出てきます。

相当気が合う人を見つける必要がある、ということですね。

3.悪質な目的での参加者がいる!

最後に3つ目の落とし穴として、悪質な参加者の存在が挙げられます。

特に多いのが体目的の男性ですね。
途中で抜け出して飲もうよ!なんて人はそのタイプが多いようですね。

また、Amwayなどのマルチ商法をはじめとした、悪質な勧誘目的の参加者も少なくありません。

恋愛のための出会いではない参加者もいる、ということを頭に留めておく必要があります。

このように、街コンにはいくつかの落とし穴が存在しています。
まぁ、考えてもみれば当然かもしれません。

街コンもビジネスの一種です。
多くの人に参加してもらいたい、リピートしてもらいたい、と考えれば、一度で恋人を見つけてもらえるような親切設計の街コンは少なくて当然でしょう。

本気で純粋な恋愛を求めるのなら、もはや街コンに行くべきではないのかもしれません。

 

本気で勝ちたいなら街コンには行くな!
ゆるく勝てる恋活必勝法!

どういうこと!?
と思う人もいるでしょう。

街コンには行かない方がいい理由は上で説明した通りです。

「じゃあどこに行けばいいの!?」
と思う人もいるでしょう。
ご安心ください。
今回はゆるく恋活で勝つための方法を2つご紹介します!

1.恋活であっても婚活パーティに行け!!

まずはこれです!婚活に行きましょう!!
特に、若い人ほどぜひやって欲しいのですが、その理由は後々説明します!

婚活といっても、何万もの入会金を払い、結婚相談所に相手を探してもらう、というものではありません。
街コンに行く際は、machiconJAPAN等のサイト利用して街コンを探すと思うのですが、その中に【婚活】というタグがあるものがあると思います。

これに行きましょう!
もちろん、自分の年齢で参加できるものを探したうえで、です。

そして、一つミソとなるポイントがあります!

自分の年齢が、参加可能年齢の最低ラインのものを探すんです!
例えば、あなたが24歳の男性なら、【23歳~32歳の男性のみ参加可能】という婚活パーティを選び、参加するのです。

婚活パーティは基本的に年齢層が高めです。
私が出した画像でも、30代以上がメインな感じになっていますよね。

こうした婚活パーティでは、年齢が規定範囲の中頃~上限ギリギリな方の参加が多いです。(33~45歳の範囲なら、だいたい38~45の層が多いです)

このため、下の年代層は基本的に少なくなります。
しかし、まったくいないわけではありません。
男女ともに1~2人くらいは下の年代の人がいるんですね。

このような状態になると、同年代の人同士でのカップル成立率が異常に高くなるんです。

考えてもみて下さい。
もしあなたが会社員で、得意先の開くパーティに参加したとします。
あなたはそこでいろいろな人と話すことになると思いますが、その中で一番話しやすいのは当然同年代ではないでしょうか?
それも、もし同年代の人数が少なければ不思議と親近感を感じますよね。
同年代の方がプライベートな話題でも話が合うでしょう。

これと同じで、同じ年代層が少ない=競争率が低く、親近感・共通点を得やすい場所を攻める!というわけです!

2.恋愛目的の社会人サークルに参加する!

次に、ゆるい恋活必勝法として、社会人サークルへの参加を紹介します!

こちらは、街コンよりもラフで、軽く参加できることを趣旨として開かれている社会人用のサークルです。
当然、元々みなさん恋愛目的ですので、不安にならずに大丈夫です。

こちらは、いわゆる『パリピ、陽キャ』と言われるような人が少ないのが特徴です。

静かでおとなしい、あるいは人見知りであったり、街コンとなるとちょっとハードルが高く感じるという人が多く参加しています。
このため、話すのが苦手、異性が苦手、という人でも参加しやすいです。

こういったサークルでは、会話が生まれるよう動物園や水族館をグループで回るなどの工夫がされているので、参加者同士が完全な沈黙にならないようになっているのもうれしいですね!

いわゆる、ゆるい恋活って感じです!!

NewDay
https://c-newday.com/

その例として、NewDayをご紹介しましょう。
上で述べたとおりのゆるい恋活の場を提供してくれます!

ここで、一歩勇気を出して前に踏み出せれば、それだけできっといい出会いができますよ!
街コンよりもぐーっとハードルは低いので、頑張ってみて下さい!!

 

恋活は戦略的に勝利せよ!

今回は、恋活必勝法として行く場所を考える、ということを紹介しました。

他にも、恋活は戦略次第で勝率をあげることができると思います。
何かいい方法を見つけた、という人は是非教えて下さい!

それでは、今日はこのへんで!

最新情報をチェックしよう!
>TanagoClub

TanagoClub

人生をより楽しく!それをモットーに仕事、生活に役立つ情報や美容知識を発信していきます。訪問してくれた人が「見てよかった」と思える記事を制作していきますので、是非ゆっくりと見ていって下さい。

CTR IMG